無料ブログはココログ

映画・テレビ

2018年5月10日 (木)

2018春ドラマの感想

連休明け、半年ぶりに新堂未來先生の鑑定を受けてきましたので、鑑定の模様をもう少ししたら書いてみようと思います。


今日は4月から始まったドラマをいくつか観てるので、現時点での感想などを。


勉強も兼ねて(?)、今期のドラマを観てますが、かなり面白いドラマが揃っているのではないでしょうか。


ちなみに前期(冬ドラマ)は3本ほど視聴しましたが、すべて開始10分で脱落しました。


まず、現時点のベスト3を挙げると・・・・・・、


1位 ヘッドハンター  テレビ東京 月曜22:00


2位 コンフィデンスマンJP   フジテレビ 月曜21:00



3位 声ガール  テレビ朝日 土曜 26:30



こんな感じです。



1位の「ヘッドハンター」は企業間のヘッドハンティンティングを題材とした異色のドラマ。
ドラマのテーマは、最初ありがちな人情ものかと思ってましたが、脚本が相当練られていて毎回展開が読めません。
「ハゲタカ」などを担当された脚本家さんなんですね、納得です。
テレ東の経済番組で培った強みも十分に発揮されてると思います。
江口洋介は「白い巨塔」の頃から好きな俳優ですが、今回もさすがの演技です。
他のレギュラー陣では、平山浩行がいいですね。
素晴らしいドラマなのに視聴率が低くて残念。




「コンフィデンスマンJP」は、長澤まさみのぶっ飛んだ演技に尽きます。
「真田丸」での演技が良かったので、注目してましたが、まさか、ここまでとは思いませんでした。
演技も出来て、美人でスタイルも良くて、もし今「好きな女優は?」と聞かれたら、迷わず「長澤まさみ」と答えますね。
彼女には、普通の役よりも、演技力が要求される変な役を演じて欲しいです。
この作品も出来れば続編を観てみたいですが、ちょっと難しいかもしれません。
個人的に1位の「ヘッドハンター」と差はほとんどないのですが、最新話が「ヘッドハンター」の方が良かったのでこの順位で。



3位の「声ガール」は、声優を目指す女の子たちの物語。
主人公たちが目標に向かって進む中で、様々な壁にぶつかり、それを乗り越えていくという、ありがちなドラマなのですが、役者さんたちのひたむきさが伝わってきて、心が温かくなります。
作品中に悪い人間がほとんど出てこないのも、なんだかホッとさせられますね。



これ以外だと「モンテ・クリスト伯」は原作が有名で楽しみにしていたのですが、見逃し配信をしていなかったため、視聴することが出来ませんでした。
(テレビが無いのでドラマはすべてネットの最新話無料配信で視聴してます)
と思ったら、3話終了の現時点では見逃し配信をしてるんですね。
1話終了後の見逃し配信はたしか無かったはず。
とりあえず、3話をとりあえず視聴したのですが、なかなか面白かったので、今後ベスト3に入ってくるかもしれません。
ディーン・フジオカは色々と言われてますが、このドラマには合ってると思います。



「崖っぷちホテル」は内容はあまり良くないですが(失礼)、浜辺美波の演技を観るためだけに視聴してます(笑)。
10代でこの演技はちょっと驚き。
ルックスもいいので、今後が楽しみです。



春ドラマ終了時にも、また感想を書いてみたいと思います。



書く気が残っていたら、ですが。

2014年9月17日 (水)

「マレフィセント」観てきました



この国に生まれたことに感謝!

この国に生きていることに感謝!

このブログを訪れてくださったことに感謝!



先週の火曜日、一か月ぶりの休みで東京に行った時に映画を観てきました(他に講座とか心屋塾のイベントとか)。

観たのは「マレフィセント」、場所は新宿ピカデリーでした。

この映画は現時点(9月17日)ではもう上映されてません。
ペンギンが観た時はもう終了日直前だったと思うけど、その割には人が入ってましたね。
平日の4時前後という時間にもかかわらず。

ペンギンはマレフィセントという単語が何なのか分からなかったのですが、ペローの「ねむり姫」の中で、産まれたばかりの王女に呪いをかけた魔女の名まえだったんですね。
(たしかその魔女だけ王女生誕のお祝いに呼ばれなかったんだっけ?)知りませんでした。

やっぱりというか、いつも通りというかペンギンはこの映画を観る前にタロットで占ってたんですが(あのね)、いいカードが出ました。
というか、いいカードが出ないと観ません。だって、あのポスター(以下略)

さて、映画の方ですが、「ねむり姫」を魔女、というか妖精の側から観た物語になっており、冒頭からCGが美麗なシーンが続き、ペンギンも「うわっ力入ってんな」とちょっと驚きました。
けっこう予算が組まれた映画だったんでしょうか。

ストーリーはネタバレになるんで置いといて(^-^;、とても丁寧に作られた映画だと思いました。
前半にドロドロとした展開があって、その後、あれ、この人物がこういう気持ちになるかな~?と疑問を持つ箇所もありましたが、全体的にはよく出来ていたと思いました。

途中、時間を確認した時、終了30分前で「これ、あと30分で終わんの?まさか、次作に続くとかじゃないよな、はちゃめちゃに騒いでごまかすのかな」とか思ったけど、きっちりと辻褄を合わせ、見せ場も作って終了したのは良かった、というか素晴らしかった。
いくつかの伏線の回収もきっちりしてたし(鉄とか)、もう少し長い上映時間だったら良かったのに。

さて、「眠り姫」といえば、呪いを解くのは王子の口づけですが、ペンギン、こういう話ムチャクチャ好きなんですよ。
~の呪いとか、~の契約とか。呪いを解くためには~すればー、とか。

だって自分で書いてんだもん。

英会話学校でクレア先生(仮名)に最初に持って行った原稿は、口づけをすると相手が医師石に変わってしまうという呪いをかけられた美しい女の悪魔の話でした。


麗しき悪魔

クレアの反応

この続きはカテゴリ欄の

ペンギン○○○に恋をする

から探してね。


ほとんど予備知識無しで観た「マレフィセント」、ペンギンが現時点で点数をつけると、

9点
(10点満点で)。

もう上映は終わってるけど、とても良かったです。

あ、先月観た「GODZILLA」7点てことで。



よかったら押してくださいね~

人気ブログランキングへ

2014年8月11日 (月)

「GODZILLA」観てきました



この国に生まれたことに感謝!

この国に生きていることに感謝!

このブログを訪れてくださったことに感謝!



書き忘れてたけど、ちょうど一週間前、小関珠緒先生のビジョンボード講座で東京に行った時に映画を観てきました。

映画館に足を運んだのは数年ぶり。

観たのは3Dの「GODZILLA」。

場所は新宿ピカデリー。

暑くて、駅から歩くのが大変だった。

実は最初「GODZILLA」よりも「思い出のマーニー」の方を観ようと思っていたのだけど、一応占ってみると(あのね)、「GODZILLA」の方が断然良い結果に。
ジブリに思い入れはあまり無いけど、「思い出のマーニー」は岩波少年文庫の頃から気になっていた(読んではいないけど)。
さらに、観た人のレビューでもこちらの方がよかったし。

ということで、正直気乗りせず映画館に入る。

ところで、ペンギンはこうしたシネコンって確か初めてなのですが、雰囲気が気に入りました。
チケット売り場からシアターまでエスカレーターでけっこう時間がかかるんだけど、何か計算があるのかな。

さて「GODZILLA」、一応ストーリーは書かないでおくね。
序盤~中盤まで、たしかに映像は凄いけど、なんだか全体的に粗がかなり目立つというか、人間ドラマも胡散臭く感じ、正直入り込めないでいた。
やっぱり観たのは失敗だったかと思いながら終盤を迎える。
最終局面はサンフランシスコ。
ここまで出番の少なかったゴジラが、2体の敵怪獣の前に立ちはだかる。
この仁王立ちのゴジラが異様な迫力。
質感、重量感とも圧倒させられ、神々しささえ感じる。
また、ゴジラの雄叫びが最後の唸り声まで絞り出すようで痺れる。
それに比べると相対する怪獣がビジュアル的にも無機質で愛着も湧かなければ、迫力も足りない。
もう少しらしいデザインで作れなかったのか?
というより、完全にゴジラの引立て役に成り下がっている。

内容に関してはここまでにして、これはただひたすらアメリカ版ゴジラのみを鑑賞する映画なんではないかな、と思う。

そういう視点で観れば、かなりいいのではないか、と。

ただ、そうすると、映画館の迫力のある映像、音響でないと厳しいのかな。

DVDだったり、地上波を家庭で観た場合、どんな印象を受けるのだろうか・・・・・・。


ところで、地上でのゴジラの雄姿も迫力があるけど、ゴジラが水中を移動してくる時の背びれと波のしだいに迫りくる映像は素晴らしかった。

ペンギンも映画館で観ておいて良かったと思う。


あと、次作ではモスラ、ラドン、キングギドラが東宝から出演OKのサインが出たらしい。

たしか「三大怪獣 地球最大の決戦」ってこの面子が出たと思ったけど、この映画のリメイクなのだろうか。


人気のあるキングギドラがハリウッドでどのように作られ、海外でどんな反応をうけるのかはとても興味があるところである。


よかったら押してくださいね~

人気ブログランキングへ

その他のカテゴリー

ある霊能者との会話 おすすめサイト こんな占い師はイヤだ ごあいさつ まんが日本昔ばなし オラクルカード ガラクタ整理 ゲッターズ飯田 コーチング スポーツ スポーツを占ってみた セミナー タロット パワーストーン パワースポット プロレス ペンギン○○○に恋をする ペンギン、フラれる ペンギンが見た変わった夢 ペンギン式占い開運法(仮) 予言 作家はどうしてこんなにバカなのか 健康 動画 占いネタ 占い師巡り 占い師巡り アゥルターム新宿篇 占い師巡り アマン・シャルマ先生篇 占い師巡り シャーリー・スー先生 占い師巡り 家紫美姫先生篇 占い師巡り 小林ズイフー先生篇 占い師巡り 岩田陽子さん 篇 占い師巡り 新堂未來先生篇 占い師巡り 村野大衡先生篇 占い師巡り 織雅先生篇 占い師巡り 電話鑑定篇 占ってみた 反日行為に天罰は下るのか? 好きな漫画 心と体 心屋塾 恋愛 感謝の言葉 新・棒9ペンギン 方位 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 朝ドラ マッサン 森田療法 江原啓之 父との確執 片付け 神社・仏閣・史跡 経済・政治・国際 聖杯9(ハイキュウ)ペンギン 自己啓発の罠 芸能人 西洋占星術 読んだ本 運について 野球と占い 霊感・霊視 音楽 魅惑の絵画

カテゴリー

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31