無料ブログはココログ

旅行・地域

2017年11月14日 (火)

白河散歩③

前回の続き、を書く前に、


昨日も白河に行ってきてしまいました。 (*^-^)


前回と同じで、岩盤浴に行った後、白河の街中を歩いてきました。


白河はノスタルジックな雰囲気が最高なんですよね。


城下町なので、街並みが全体的に古いのもあるんですが、古い商店がぽつぽつとあちこちに残ってる。


そして、そういった商店がシャッターを閉じてるわけでもなくて、けっこう開いてます。


メインと思われる通りの1つ向こう側の通りに、またぽつんぽつんと古いお店があったりする。


「こんなところに魚屋が」


「こんなところに八百屋が」


「こんなところにブティックが」


みたいな。


建物も昭和30年代?ぐらいかな~っていうのがけっこうあって。


自分でもこういった雰囲気を歩くのが好きだとは思いませんでした。


でも、歩いている人は少ないんだけどね。


そういえば、温泉街を歩くのも好きだったな~。


でも、白河は町全体がそんな感じなんで、温泉街とはスケールが違うというか。


まあ、あんまり旅行したりするわけでもないんで、温泉街も古い街並みも詳しいわけではないんですが。


白河の街の通りを制覇したわけではないんですが(広いし通りが多いんで)、個人的に気に入ったのが、新蔵通りという通りです。


本当に昭和の雰囲気で、電車の時間が近いにも関わらず、ずんずん進んで行ってしまいました。


途中には綺麗に舗装された川もあって、いい感じでした。


さらに進むと飲み屋街のような雰囲気になりましたが、こちらも昭和チックで、夜はどんな雰囲気になるのか気になりました(酒飲めないんですが)。


なかなか難しいとは思いますが、こういう雰囲気残してほしいですね。


今月2回歩きましたが、年内はさすがに厳しいでしょうね(風も冷たそうだし)。


花粉の季節が終わった、5月ぐらいになったら、また来てみようかと思いますが、紫外線キツイかな?



古い街並みを歩く、今後これを趣味の1つにしていこうかな、と思います。



しかし、こういう記事書くなら写真載せないと。 ┐(´-`)┌

2017年11月11日 (土)

白河散歩②

白河への小旅行の続き。


岩盤浴施設癒の刻 のフロントで炭酸泉と岩盤浴併用の料金を払った後、まずは炭酸泉へと向かいます。


炭酸泉は日本にはあまり無いですが、ヨーロッパでは古くから治療に使われてきたとか。


こちらの炭酸泉は人工の施設で、普通の銭湯や温泉旅館の内湯のような感じですが、とてもきれいなのが以前から気に入ってます。


数年ぶりの訪問でしたが、ほぼ変わってなかったですね。


ただ、炭酸泉に入ると血行が良くなるらしいのですが、それをはっきり感じたことはこれまでもほとんど無かったかな。


炭酸泉に15分ぐらい入った後、岩盤浴へと向かいます。


岩盤浴は2つの部屋があり、手前の大きな部屋が健緑石、奥の小さな部屋が黄土ヒマラヤ岩塩の岩盤浴室になっています。


今回初めて見たのですが、岩盤浴室の入口に奥のヒマラヤ岩塩の部屋から先に入るようにと書いてありました。


そんなわけで、奥の黄土ヒマラヤ岩塩室(室温50℃)に先に入り、次に健緑石の部屋(室温40℃)というように交互に入りました。


だいたい15分入って5分外で休憩して別の部屋にまた15分入るというローテーション。


入ってる間ですが、とにかく汗が出ます。


でもこの汗がなぜかあまり臭わないんですよね。


あとペットボトルは必須で、水分はマメに摂らなければいけません。


以前はずっと仰向けになっていたのですが、今回1回の入室15分中5分ぐらい、うつ伏せで過ごしました。


説明書きにそう書いてあったからですが、これ内臓まで温めることになるので、体にとても良さそうです。


体の下に敷くタオルから手足がはみ出て熱かったりでなかなか態勢を維持するのがキツイのですが。


以前は、効果があるのは健緑石の部屋の方で、ヒマラヤ岩塩の方はただ暑いだけなのかと思ってましたが、どうもそうではないようです。


というのも、最初に奥の部屋に入って、1分ぐらいで指先がスベスベになったんですよね。


いつもは先に健緑石の方に先に入ってましたので、この反応が現れるのはこちらだけかと思ってました。


2つの岩盤浴室の効能などの違い、はっきりとわからないので、自分にはどちらがいいのか、出来れば詳しく知りたいところです。


健緑石の部屋の方に多く入ってましたが、HPを見るとヒマラヤ岩塩の方は冷え性にいいと書いてありましたので、こちらに多く入った方がいいのかな。


とりあえずこの日は健緑石の部屋に4回、ヒマラヤ岩塩の部屋に2回、各15分づつ滞在し、最後にもう一度炭酸泉に入った後、着替えました。


施設の2回に休憩所があるのですが、ここに健康に関しての記事をスクラップしたファイルが置いてあり、けっこう勉強になりました。


結局こちらの施設には3時間ほど滞在し、再び白河市内へと向かいました。



実は来週もこちらを訪れようかどうか迷ってるところです。



続く

2017年11月 9日 (木)

白河散歩①

2日前ですが白河市(福島県)に行ってきました。


この日は当初、東京に行く予定でしたが、前回の記事に書いたように体調が悪かったので断念。



代わりに白河に行ってきました。



体調悪いなら家で寝てろって話ですが・・・・・・



さて、白河に行くことにしたのは、2つばかり理由(目的)がありまして。



まず1つ目ですが、岩盤浴。



心身ともに疲弊しきってましたので、なんとかしたいと思いました。



何もせずに岩盤浴室で2時間ぐらいボーッと過ごせば体調も精神面も改善されるんではないかと。



さらにはこれから寒い季節を迎えるので、冷え性もなんとかしたいというのもありました。



11月上旬ですが、冷え性がもうすでにキツイんですよ。



占い師の方に「霊感強い人は冷えやすいのよ」と言われましたが、霊感強いんですかねー。



で、行ってみたのが、



癒の刻



という施設。



2種類の岩盤浴室と炭酸泉があります。



岩盤浴はこれまでに2か所行ったことがあるんですが、断然こちらの方が良かったですね。



こちらにはこれまでも何度か通いましたが、ここ数年は訪れていませんでした。



今までは車で訪れていましたが、今回、電車で行ってみることにしました。



調べてみると、こちらは白河駅から1㎞ぐらいの距離だったので、そのぐらいなら歩いてみようかと。



夏ごろは毎朝4㎞歩いてましたしね。



それがもとで体調を崩してしまったんですが。



さて、十数年ぶりぐらいに?白河駅に到着し、懐かしさを感じながら歩き始めます。



思ったよりも着くまでに時間がかかりましたね。



スニーカーじゃなかったからかな。



あと、この日は暑かった。朝は寒かったのに。



白河駅から25分ぐらい歩いたでしょうか。



国道4号線沿いの目的地に無事到着。



癒の刻の料金設定(大人)ですが、岩盤浴のみが1030円、炭酸泉のみが520円、岩盤浴、炭酸泉併用が1240円です。



ここに来た時ペンギンはいつも岩盤浴、炭酸泉併用を申し込んでいます。



フロントで料金を支払い(以前は自販機だったかな?)、着替えを受け取り、まずは炭酸泉へと向かいました。



長くなってしまったので、続きは次回

2014年7月11日 (金)

京都怨霊旅行②


この国に生まれたことに感謝!

この国に生きていることに感謝!

このブログを訪れてくださったことに感謝!



「京都怨霊旅行」と銘打って1話だけ書いたペンギンの京都旅行記でしたが、

こちら

北野天満宮について書こうとすると、なぜだか書けない。

なぜだろう?

とりあえずパス。

ということで、翌日、たまたま寄った神社について書く。

ペンギン、金閣寺に(初めて)行った後、特に行くところが無くなり、安倍晴明を祀ってある晴明神社に行ってみることにした。

で、金閣寺からバスで移動し、晴明神社の最寄と思われる停留所で降りた。
すると、バス停の前に知らない神社がある。そこそこの大きさの神社のようだ。

神社ってなんだか有り難く感じるから、とりあえず入ってみることにした。

わりと大きな門構えで、入口に色々と書いてある。

「白峰神宮」というのだな。ガイドブックには載ってない。

さて、ずっと読んでいくと、なんと・・・・・・・、

崇徳上皇を祀ってある神社なのだな。

詳しくは自分で調べてね。

ペンギンはきっちりとお参りしましたよ。

それにしても、知らずにたまたま寄った神社が・・・・・・、けっこう驚きであった。

ペンギンはご先祖様が小野篁と判明して以来、百人一首に改めて興味を持っているのだが、崇徳上皇(百人一首では崇徳院となっている)のお作りになられた歌がとにかく素晴らしい。

瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に あはむとぞ思ふ 


意味はというと、こちらのサイトでは、

川瀬の流れが速いので、岩にせき止められる急流が、一度は別れても再び合流するように、愛しいあの人と今は障害があって別れていても、行く末は必ず添い遂げようと思う。

となっている。

古代の人々の感性は素晴らしかったのだな。

現代の流行歌の歌詞が薄っぺらく思えてしまう。


さて、ペンギン、この後、晴明神社に寄ったのだが、ベンチで休んでたら見たことも無いような数匹の巨大な蚊に襲われるわ、石畳の上にスマートフォン落として後背部がひび割れるわ、酷い目に遭った。


ペンギンはけっこう安倍晴明を軽んじてるところがあったから(物語でも老人の役で出したりとか)、祟られたのかもしらん。


よかったら押してくださいね~

人気ブログランキングへ

2014年7月 3日 (木)

京都怨霊旅行①


この国に生まれたことに感謝!

この国に生きていることに感謝!

このブログを訪れてくださったことに感謝!



さて、何度も書いているようにペンギンは6月に京都に旅行に行ったわけですが、この時、平安時代の京都の怨霊にゆかりのある場所をいくつか訪れていました。
本当に偶然訪れた場所もあったんで、何か意味があるのかもしれない。


ところでペンギンは出発前に京都のパワースポットでどこに行ったらいいかをタロット3つ(!)に易を加えて占っておりました。
その時、よく出たパワースポットをランキングにすると、

1位 出雲大神宮(亀岡)

2位 鈴虫寺

3位 北野天満宮

という結果でした。

これを踏まえてペンギンは初日、自宅から京都に着いた後、まずバスで鈴虫寺へ。

2日目、電車で京都駅から亀岡駅へ。10時の出雲大神宮を通るバスに間に合わず、次の13時のバスを待ちきれないペンギン、うだるような暑さの中を1時間半歩いて出雲大神宮へ(タクシー代をけちったため)。

出雲大神宮参拝後、バスで亀岡駅まで戻り、亀岡からの京都嵐山まで川下りを体験。

嵐山に着いたペンギン、その後の予定は決めていなかったのだが、嵐山から路面電車で北野天満宮を目指すことにした。

この北野天満宮が怨霊にまつわる神社なのでありました。

今日はこの辺で



よかったら押してくださいね~

人気ブログランキングへ

2014年7月 2日 (水)

ペンギンのご先祖さまはこの人!



この国に生まれたことに感謝!

この国に生きていることに感謝!

このブログを訪れてくださったことに感謝!



数日前の夜、ペンギンが家に帰ると、居間でペンギンの父がペンギンの母に得意げに話をしていました。

「○○○って人はな、なんたらかんたら」

普段は父ともあまり話さないペンギンですが(あのね)、立ち止まって聞いておりました。

っていうか、どうも、話の内容と流れから察するに、ペンギン家の先祖と関係ある話なんじゃね?

ペンギンもピンときました。

「知ってるか?○○○って?」

知ってるんだよな~(なんで知ってんだろ?)

「地獄に出入りしてたって云われてる人でしょ」

ペンギン、そう答える。

「紫式部の墓の隣に○○○の墓があるんだよ。なんでかっていうとな、紫式部は地獄に堕ちたって言われててな、それを救って下さるようにって、○○○の墓を隣に移したんだよ」

次から次へと、ネットから集めた(本人談)、父の話は止まらない。


「この歌知ってるか?」

父が見せてくれた紙には、歌が書かれてあった。


わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと 人には告げよ 海人の釣舟



「百人一首に入ってるって、知ってる?」

と母。

「ああ、知ってる知ってる」

ペンギンの小学校では、5年か6年の時、百人一首を半ば強制的に憶えさせられて、授業に組み込まされていた。

ペンギンは、なぜだか、ほとんど努力しなくてもスラスラとほとんどすべての歌において、詠み人、あるいは上の句の最初の5文字を聞いただけで下の句がわかるぐらいのレベルになっていた(歌の意味は理解していない)。

「百人一首暗記しててすごいって小学校の先生も言ってたもんねえ」

たしかに。今はかなりあやふやだけど、小学校の時によくあんなの憶えてたな。


「小野小町はこの人の孫にあたるんだ」

あ、ペンギン、それは知らなかった。

ちなみに小野小町の歌も百人一首に収録されてますね。



さて、この方は誰かというと、

小野篁(おののたかむら)

ペンギンはこの方にまつわる伝説で名前を憶えてたんだけど、

それは、


篁は夜ごと井戸を通って地獄に降り、閻魔大王のもとで裁判の補佐をしていたという(wikiより)

生前、篁をたすけた人物が地獄に堕ちた時、閻魔大王の前に進むと、閻魔の側に小野篁が立っていて、この人を弁護してたすけてくれたこともあったのだとか。

あまりにもはまり過ぎてて笑っちゃうのが、ペンギンの西洋占星術のホロスコープって、8室がかなり強いんですが(金星、火星、木星が入ってる)、8室って遺産とかオカルトとか生と死とかの意味があるんですけど(他にもありますが)、先祖が有名な方で地獄に出入りしてたとかいう伝説を持ってるって、まさに、これでしょ。

しかも、ペンギン自身が平安時代が舞台の妖怪が出てくる(オカルトチックな)話を書いてて(残念ながら小野篁は出てこない)、それを英語に訳して外国人の教師とのレッスンに持っていってたって・・・・・・。


Σ( ̄ロ ̄lll)

外から見ると、まるで映画か小説みたいじゃない、これ?

あと、ペンギン、5月に国立博物館の「栄西と建仁寺」展に行ってるんだけど、この時、小野篁の像が展示されて記憶が・・・・・・、
と思って調べてみたら、やっぱり展示されてた。


昨日も書いたように自分の気持ちとは無関係に京都に旅行に行ったことといい、なんか、いろんなことが怖いぐらいに重なってる。

Σ( ̄ロ ̄lll)

まあ、結局のところね、何が言いたいかというとね、小野篁を先祖に持つペンギンに今のうちに恩を売っておけばね、生前悪事を重ねていたとしても地獄で救われるかもしれない、と。
そう言いたかったわけですよ(大ウソ)。

あのね、いいかげんにしなさい(西田昌司先生風に)



よかったら押してくださいね~

人気ブログランキングへ

2014年7月 1日 (火)

ペンギンが京都に行ったのは必然だった!?



この国に生まれたことに感謝!

この国に生きていることに感謝!

このブログを訪れてくださったことに感謝!



7月に入ったのでちょっと違うネタを。

今朝のドイツとアルジェリアの死闘も面白かったのだが。

ペンギンは6月に京都に行きました。

京都を選んだのは、タロットカードでいいカードが京都しか出なかったから。

ペンギンが出発する前日のブログにも書いてある。

以下、一部抜粋

明日から3泊4日で旅行に行ってきます(京都です)。

ということで、このブログも金曜日までお休みすると思います(気が向いたらスマートフォンで更新するかも)。

丁度、京都の話を書いてる時に京都に行くんですね。

これもシンクロニシティってやつですか?(笑)

気学の同会月である6月にペンギンが今年唯一いい方位西南方面のどこに行くかを去年のうちにアルケミアタロットで占ったんだけど、京都だけがよく出て、あとは全部ダメ。

近畿方面だと神戸も奈良も伊勢も大阪も和歌山も琵琶湖もいいカードが出ませんでした。

ついでに海外、台湾もベトナムもよく出なかった。

もし占わないで自分の意志で決めるとしたら、国内だと伊勢、神戸、奈良、海外だと台湾(かなり暑そうだけど)を京都よりも優先したとは思いますね、多分。



一応、旅行先の候補はこの時期のペンギンにとって唯一とても良い方位の西南に限定。


占った時に出たカードを見ると、京都を含め、関西で7か所、海外で2か国を占っている。
さらに、先日のブログには書いてないが、香川、大分、宮崎、沖縄も一応占っている。
それでも、いいカードが出たのは京都だけだった。
これ、確率的には相当低い。多分、ありえないような確率なんじゃないかな。

ということで、ペンギンは京都に行くことにした。
ブログにも書いたように、タロットで占ってなかったら別の場所に行ったんじゃないかな。

そして、京都から帰って来てから半月ほど経った頃である(つまり数日前)。

ある事実がわかった。

それは・・・・・・、

どういう経緯で判明したのかは詳しくは知らないのだが、震災後に見つかったペンギン家の家系図から、ペンギンが平安時代のある有名な方の末裔であるようなのである。

\(;゚∇゚)/

\(;゚∇゚)/

\(;゚∇゚)/

あ、でも、ほとんどの人は知らないかもね。

ペンギンはその名前を耳にした時、すぐにわかりました。

不思議なエピソード(伝説)を持ってる方なんですよね。

ちなみにこの方の歌は百人一首にも選ばれています。

誰かって・・・・・・?

眠くなってきたから続きは後日(明日とは言ってない (^-^;)


ということは・・・・・・、

シャーリー・スー先生当たってる! アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

こちら

これ見えてたんですかね。

なんだか怖くなってきたな。

よかったら押してくださいね~

人気ブログランキングへ

2014年6月22日 (日)

ワールドカップ出場国の民族構成比(南米)



この国に生まれたことに感謝!

この国に生きていることに感謝!

このブログを訪れてくださったことに感謝!



ワールドカップを見ていてうすうす感じていたことがあった。

そして、昨日のエクアドルVSホンジュラス戦を見ていた時、あらためて思った。

それは・・・・・・、


黒人選手多くないっすか!


Σ( ̄ロ ̄lll)

エクアドル(南アメリカ)にもともと住んでたのはインディオでしょ。
そこに後から白人が入ってきたわけで。
それが、どうしてこんなに黒人比率が多いの?

さらにホンジュラス(中央アメリカ)も黒人が多い。

アフリカのチームが黒人が多いのはわかるとして、どうしてこんなに黒人が多いんだ?

しかもヨーロッパのチームでも見かけるぞ。

やっぱ身体能力では黒人最強なんか?

どうやっても勝てないんか?

ということで、ペンギン、本棚にあった「なるほど地図帳」という本の「世界の人々」という項目を見てみました。

ペンギン、けっこう世界の人種の特徴とかに興味があるんですよ。
(詳しくはないけど)

ただし、ペンギンがもってるのは2007年版である。
(毎年買うようなものでもないと思ったんで (^-^;)

おそらく、2007年と今とでそれほど大きな変化は無いと思われる。

で、エクアドルを見てみると載ってない。Σ( ̄ロ ̄lll)

が、これから日本が試合をするお隣のコロンビアは載っていた。

ということで、コロンビアの民族構成比を見てみると、

メスチソ ・・・ 58%

ヨーロッパ系・・・20%

ムラート ・・・ 14%

アフリカ系、その他・・・8%

となっている。

ちなみに、白人がヨーロッパ系、黒人がアフリカ系、メスチソはヨーロッパ系とインディオの混血、ムラートはヨーロッパ系と黒人の混血です。

ということは、元々の先住民であるインディオはほとんどコロンビアには居ないんか?

しかも殺されたとか追放されたとかではなくて、ほとんどヨーロッパ系(白人)と交わってしまったんか?

Σ( ̄ロ ̄lll)

南アメリカのインディオって元をたどるとモンゴロイドでアジア系とつながってるんで、

要するにコロンビアって国民の半数以上がハーフ(白人とアジア人の)みたいなものなんですね。


けっこう驚き。

この辺の国に美人が多い(?)ってのはそういうことなんですね(ハーフだらけなんだもの)。

南アメリカの他の国を見てみると、

サッカー大国ブラジルは、

ヨーロッパ系・・・55%

混血     ・・・38%

アフリカ系 ・・・6%

その他   ・・・1%

あ、でもヨーロッパ系(白人)が半数を超えてるんだ。

でも選手の顔ぶれを見ると、純粋なヨーロッパ系は半分いってないような気がしますね。

やっぱり黒人の遺伝子は強いのか。

ここでちょっと思い出したのが、かつてのブラジル代表のロマーリオ選手、ロナウド選手(ポルトガルじゃないよ)、ロベルト・カルロス選手などは、顔や肌の色を見ると純粋な黒人選手というかんじでもなさそうですね。ヨーロッパ系、あるいはインディオの血が入っているような。
現在中心選手のネイマール選手もそんなかんじがしますね。


ここでペンギン、あることに気づく。

けっこう黒人選手や黒人系の選手が主力になってる南米諸国ですが、まったく黒人選手を見ない国がある。
ヨーロッパですら見かけるというのに、面積も広くてサッカーも強いのに白人ばかりの国がある。

どこかというと・・・・・・


アルゼンチン

Σ( ̄ロ ̄lll)

アルゼンチン、ほとんど黒人、および黒人系選手見たことないけど、どうなってんの?

ということで人口構成比を見てみると、

ヨーロッパ系・・・97%

メスチソ、その他・・・3%

全然他と違うじゃん

何かそういう政策でもとってるのかな?
そうとしか思えないんだけど。


調べてみると、けっこう驚きです。
同時に非常に興味深くもあります。


昨日のブログ、ペンギンもおかしな方向に行ってしまいましたが、これを書きたかったんですよね。

え?


よかったら押してくださいね~

人気ブログランキングへ

2014年6月14日 (土)

京都行ってきました


この国に生まれたことに感謝!

この国に生きていることに感謝!

このブログを訪れてくださったことに感謝!



昨日京都から帰ってきました。

観光と休養と開運を兼ねて行ったんですが、京都って規模といい、見どころの多さといい、観光地としては別格ですね。

そして外国人がとにかく多かった。

5、6年前にも奈良と京都に行って、実は京都は奈良に比べてあんまりいい印象持ってなかったんですが(ごみごみした感じがして)、今回行ってみて、すっかり好きになりました。

ただ、強い雨が降らなかったのは良かったですが、暑さはきつかった。

単に暑いのは我慢できたけど、汗が止まんなかったのはちょっとね。

3日目は早々とホテルに引っこんじゃいました。

パワースポットとしては、鈴虫寺、出雲大神宮(亀岡)、北野天満宮、晴明神社などを訪れました。他に金閣寺にも。

パワースポットの中では出雲大神宮が一番良かったですかね。

駅に着いて、次のバスの時間まで3時間ぐらいあったので、駅前のハイキングコースの案内を見て甘い考えで歩き出したら行けども行けどもまったく着かず。
しかも暑いんですよ、荷物もあるし。

こんなに遠いの分かってたら最初からタクシー使ってるわ。

で、着いたのは1時間半後。

_ノフ○ グッタリ

さらに帰りのバスの時間の関係で、30分しか滞在できず。

そしてバスに乗り込んだんですが、かかった時間が亀岡駅まで10分ちょい。

Σ( ̄ロ ̄lll)

亀岡駅からの帰りはせっかくなんでペンギン川下りで嵐山まで戻りました。

料金は4100円。タクシー代けちってもこういうのは出すのね。

個人的に水辺が好きなので、とても楽しめ、リフレッシュもできました。

他には鈴虫寺も独特な雰囲気があって良かったです。

ゲッターズ飯田さんが7回行って7回願いが叶ったという鈴虫寺ですが、ペンギンの願いも聞いてもらえるんでしょうか?


今回行った方位って、ペンギンが今年唯一いい方位で、健康面の回復とか、恋愛だと秘密の恋、復縁などの象意があるとされてるんですが、果たして効果はあるんでしょうか?


よかったら押してくださいね~

人気ブログランキングへ

その他のカテゴリー

ある霊能者との会話 おすすめサイト こんな占い師はイヤだ ごあいさつ まんが日本昔ばなし オラクルカード ガラクタ整理 ゲッターズ飯田 コーチング スポーツ スポーツを占ってみた セミナー タロット パワーストーン パワースポット プロレス ペンギン○○○に恋をする ペンギン、フラれる ペンギンが見た変わった夢 ペンギン式占い開運法(仮) 予言 作家はどうしてこんなにバカなのか 健康 動画 占いネタ 占い師巡り 占い師巡り アゥルターム新宿篇 占い師巡り アマン・シャルマ先生篇 占い師巡り シャーリー・スー先生 占い師巡り 家紫美姫先生篇 占い師巡り 小林ズイフー先生篇 占い師巡り 岩田陽子さん 篇 占い師巡り 新堂未來先生篇 占い師巡り 村野大衡先生篇 占い師巡り 織雅先生篇 占い師巡り 電話鑑定篇 占ってみた 反日行為に天罰は下るのか? 好きな漫画 心と体 心屋塾 恋愛 感謝の言葉 新・棒9ペンギン 方位 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 朝ドラ マッサン 森田療法 江原啓之 父との確執 片付け 神社・仏閣・史跡 経済・政治・国際 聖杯9(ハイキュウ)ペンギン 自己啓発の罠 芸能人 西洋占星術 読んだ本 運について 野球と占い 霊感・霊視 音楽 魅惑の絵画

カテゴリー

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31