無料ブログはココログ

« 父との確執③ | トップページ | 父との確執⑤ 他の占い師の場合 »

2018年10月12日 (金)

父との確執④

そろそろ別のことを書きたいと思ったんですが、何を今日書くかで占ったら、悪い結果しか出ないんですよね。



ようやくいい卦が出たのが、昨日まで書いていたものの続きだったので、それをまだ書いていきます。



とりあえず、自分自身のために書いておいた方がいいということなんでしょうか。



今年の5月、同じ時期に新堂先生にも父に関して鑑定してもらってましたので、その時の模様をかいてみたいと思います。



咲耶ローズマリー先生の数日前ですね。



録音トラブルがあったので、途中から。


新堂先生
「何か教えられたりとか、与えられたりっていうのは、自分自身の選択肢として、あまり入らないですね(ペンギンの父は)」


ペンギン
「ああ、そうですね。しかも、僕から言ったことって絶対聞かないので(笑)」


「お父さまはですね、〇〇さん小っちゃい時けっこう厳しかったと思いますけれども」


「ああー。厳しかったんですけど、今になって考えてみるとけっこう、何ていうんですか、すごく偏った」


「そうかもしれないですね、ちょっと偏ってるかもしれません」


「きちんと考えて叱ってるっていうよりは、気まぐれというか」


「(笑)気まぐれ。本当に、そんな気がしますね」


「思いつきといいますか、そんな感じがしますね、まあ、今になってわかったことではありますけど」


ペンギンは、すごいお爺ちゃん子だったんで、そこでバランスが取れていたんだろうとは思います。
ただ、父は、「おまえは甘やかされてるから」みたいなことはしょっちゅう言ってたんで、「自分は甘やかされてる駄目な人間なんだ」みたいに思い込いこまされていたような気はします。


「そうですね。ただ、お父さま自身、自分が言ったこととか、やったことに対する後悔とか悔やんでる感じは無いんですね。
その時はそれがいいと思って言ってるみたいなんですね」


「それも、こっちとしては堪らないですけど(笑)」


「(笑)そうですね。良くも悪くもお父さま自身過ぎたことにおいては、意に介してないというか、基本気にしてないない感じが。
お母さまは逆に昔のことよく覚えてますし、すごくよく覚えてますから、その思い出自体が、何ていうんでしょう、お母さま(の体調を)を保っているのもけっこうあるのかなとも思いますけどね。
お父さまはですね、わがままというよりは、自分がこうしたいから、こうしてくれっていうようなですね、意見をそのまま言ってくるんですね」

「その通りですね(笑)。自分がやりたいことを家族を使ってやらせようとするんですよね」


「そうそうそう(笑)」


「それで、ものすごく仕事とか良くなったりするならいいですけど、そういうわけでもないので」


「お父さまは自分が思いついたことは、実行しないと気が済まないので」


「ああー、はい」


「その時やらないことが帳消しにはならないですね。後に延びちゃうだけですのでね。
たとえば、お母さまに何かあった時、お父さま自身の性格が変わるわけではないので。
なので、お父さまとの関係においても、〇〇さんがやれること、やれないことをはっきり決めておくことが重要かなと思います」



「はい」



「お父さま自身の持論においても、息子さんにおいては、お父さまの独特の考え方がありますけれども、意見を言っちゃいけないわけじゃないですよ、お父さまに対して。
言っていいんですけど、ええとね、お父さまに対しては、全部NOは駄目ですよ。
ここまでは出来るけど、こっからは無理っていうのを言った方がいいです」



「あ、はい」




「そうしたら、全部やらなくて済みます。
それを交渉していくような感じ。
お父さまが主張してる限り、無しには出来ないです」



「結婚してないので、(こちらを)すごく馬鹿にしたような感じで見てるんです(笑)」




「お父さまはね、何かしら探してきて言うのでー」



「ああー」



「そうそうそう、それ、しょうがない。
何かね、子供っぽいんですよ、ちょっとだけね」



「ああ、そうですか。僕もなんですけど」




「お父さまの方が子どもっぽいというか。
ちょっとね、いじるんですよ。
いじる、うんうん、言葉でいじる」



「こんなしょうもないことで怒ってもなあ、と思う時があるんですけど」



中略



「本当に嫌だったら空間を変えるとか、近くでも一人暮らししてしまうとかでもいいかもしれないです」




基本的なところは、咲耶先生と同じかと思います。



新堂先生って、あんまり他人のことを悪くおっしゃったりはしないので、この時はとても意外な印象を受けました。



それでも、咲耶先生よりはずっとソフトな言い回しでした。



占い師さんの性格にもよるので仕方ないのですが、はっきりした決断をするには、咲耶先生のような鑑定の方がいいのかもしれません。

« 父との確執③ | トップページ | 父との確執⑤ 他の占い師の場合 »

占い師巡り 新堂未來先生篇」カテゴリの記事

父との確執」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 父との確執④:

« 父との確執③ | トップページ | 父との確執⑤ 他の占い師の場合 »

カテゴリー

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31