無料ブログはココログ

« 2018年4月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年5月

2018年5月20日 (日)

母が亡くなりました

5月16日(水)、母が亡くなりました。



前日までは比較的体調も安定していたのですが、その日の朝見舞いに行き、呼吸が苦しそうだったため、あまり声をかけずに時折身体をさすったりして1時間が経った頃、容体が急変しました。



アッという間でした。



ただ、毎日病院を訪れるたびに何度も感謝の言葉を伝えることが出来たので、そのことだけは良かったと思います。
もちろん、悔いもたくさんあります。



母の闘病生活を見ていて、



「悔いの無い人生を生きるように」



そう教えられたような気がします。



本当にありがとうございました。




ブログはしばらくお休みします。

2018年5月15日 (火)

新堂未來先生 2018年5月鑑定①

 
今月7日、新堂未來先生の鑑定を受けてきましたので書き起こしてみようと思います。



新堂先生の鑑定に関しては、今まで散々書いてきたので、もう飽きてしまった方もいらっしゃるかもしれませんが、まあ、自分のためということで。



今回、若干重いかもしれません。



さて、半年ぶりに新堂先生にお会いしてですが、こちらが受けた印象として、何かきらきらと輝いているというか、そんな感じを受けました。



肌艶も良かったのかもしれません。



新堂先生もこちらに対して、「お元気そうで」とおっしゃったかなあ?(うろ覚えです)



鑑定室に到着してからは、「お痩せになられました?」とおっしゃっていただきました。



食事に気を遣ってたからだと思いますが、それを伝えると、「効果がはっきり現れるのは素晴らしいことですね」とおっしゃられました。



あまり食べなくても良くなってしまったのですが、心労の影響も多少あるかもしれません。



では、書き起こしに移りたいと思います。



以下、録音してあるところから



ペンギン
「1時間を有効に使わせていただきたいと」




新堂先生
「そうですよね、はい、もちろんです。
今日は何から観ていきましょうか?」



「すいません、まず、うちの母のことなんですけど」




「お母さま、ええ、ええ」



「癌が3年目、手術してから3年目なんですけど、ちょっと、ここのところ悪いので、体調がですね。
自分が出来ること、まあ、どうしてあげたらいいのかっていう
出来ることと出来ないことってあると思いますので、はい」




「では、お母さまのお名前とお誕生日を空いてるところにお書きください」



「これは前の旧姓とか苗字は関係ないですか?」




「そうですね、今のお名前で大丈夫です」



「(名前と生年月日を書き終わり)はい、すいません」




「どうもありがとうございます。□□さん」



「あ、じゃ、すいません、ちょっと誕生日忘れてしまったんですけど、父のこと、今後どう付き合っていったらいいかということで」




「なるほど。みなさん一緒に住まれてますか今?」



「あ、そうです、はい」



「お母さまと(ペンギンの)お誕生日が同じなんですね」



「同じなんです」



「珍しいですね、□□さん」



「はい。365分の1ですね」




「そうですね(笑)」



「まあ、どうしてあげるのがいいかってことですよね。僕が出来ることで」




「なるほど、わかりました」



「ちょっと、母を見てるので食事を改善したっていうのも多少はあるんですけど。
僕自身の(食事を)ですね」




「うんうんうん。○○さんは今年2018年っていうのはね、人とどう関わっていくかっていうのが大きなテーマになってますしね。自分にとって大切な人ですね、家族ももちろん入りますし、友人、恋人ですね。自分にとって大切にしたいと思う人との関係が絆も含めてですね、深くなる時になってます。お母さまは、基本的に本当に家族のこといつも考えてますし」



「ああ、はい」



「家族が側に居てくれることが重要なので、例えば入院して一人になるとか、それはあんまり望まないですね」



「ああー、そうですか、はい」



「出来るだけ家に居たがる感じがすごくしますので、なので、何ていうんでしょう、声をかけてあげたりですね、気配を感じるだけでですね、お母さまとしてはそれで幸せな感じはあるんで」



「ああ、そうですか」



「お母さま自身、もともと、ご自身の要望があまり多い人ではありません」



「ああ、はいはいはい。まあ、父の要望を今まで一方的に聞いてきた感じではあるんですけど」




「お父さまは多いです。お父さまは、ああしてほしい、こうしてほしいっていうのがすごくありますけど、お母さまはあまり無いですので、側に居てくれたりとか、自分に声をかけてくれるだけで、それだけでけっこう安心したり幸せを感じてるので」



「ああ、そうですか」




「はい。なので何かが足りない。もっとこうして欲しいみたいなのは特に感じないですね。では、観ていきましょう」





続く




母の容体ですが、日に日に目に見えて悪くなっています。



鑑定していただいた時が5月7日ですが、あれから1週間あまりで、歩行が出来なくなり、入院することになりました。



こちらも、ほぼ覚悟はしています。



癌ですが、食事でほぼ100パーセントに近いぐらい(言い過ぎか)防げるのではないかと、個人的には思ってます。
野菜中心で魚、肉も食べ、糖分を極力減らす。
糖はお菓子だけでなく、ご飯やパンなど炭水化物にもかなり含まれてますので、こちらも減らす。
これを意識して食事をしていたら、7㎏痩せました。
別に痩せたかったわけではないので、見た目的にもあと3~4㎏は欲しいのですが、まあ仕方がないですかね。



それにしても、癌、本当に怖い病気です。

2018年5月10日 (木)

2018春ドラマの感想

連休明け、半年ぶりに新堂未來先生の鑑定を受けてきましたので、鑑定の模様をもう少ししたら書いてみようと思います。


今日は4月から始まったドラマをいくつか観てるので、現時点での感想などを。


勉強も兼ねて(?)、今期のドラマを観てますが、かなり面白いドラマが揃っているのではないでしょうか。


ちなみに前期(冬ドラマ)は3本ほど視聴しましたが、すべて開始10分で脱落しました。


まず、現時点のベスト3を挙げると・・・・・・、


1位 ヘッドハンター  テレビ東京 月曜22:00


2位 コンフィデンスマンJP   フジテレビ 月曜21:00



3位 声ガール  テレビ朝日 土曜 26:30



こんな感じです。



1位の「ヘッドハンター」は企業間のヘッドハンティンティングを題材とした異色のドラマ。
ドラマのテーマは、最初ありがちな人情ものかと思ってましたが、脚本が相当練られていて毎回展開が読めません。
「ハゲタカ」などを担当された脚本家さんなんですね、納得です。
テレ東の経済番組で培った強みも十分に発揮されてると思います。
江口洋介は「白い巨塔」の頃から好きな俳優ですが、今回もさすがの演技です。
他のレギュラー陣では、平山浩行がいいですね。
素晴らしいドラマなのに視聴率が低くて残念。




「コンフィデンスマンJP」は、長澤まさみのぶっ飛んだ演技に尽きます。
「真田丸」での演技が良かったので、注目してましたが、まさか、ここまでとは思いませんでした。
演技も出来て、美人でスタイルも良くて、もし今「好きな女優は?」と聞かれたら、迷わず「長澤まさみ」と答えますね。
彼女には、普通の役よりも、演技力が要求される変な役を演じて欲しいです。
この作品も出来れば続編を観てみたいですが、ちょっと難しいかもしれません。
個人的に1位の「ヘッドハンター」と差はほとんどないのですが、最新話が「ヘッドハンター」の方が良かったのでこの順位で。



3位の「声ガール」は、声優を目指す女の子たちの物語。
主人公たちが目標に向かって進む中で、様々な壁にぶつかり、それを乗り越えていくという、ありがちなドラマなのですが、役者さんたちのひたむきさが伝わってきて、心が温かくなります。
作品中に悪い人間がほとんど出てこないのも、なんだかホッとさせられますね。



これ以外だと「モンテ・クリスト伯」は原作が有名で楽しみにしていたのですが、見逃し配信をしていなかったため、視聴することが出来ませんでした。
(テレビが無いのでドラマはすべてネットの最新話無料配信で視聴してます)
と思ったら、3話終了の現時点では見逃し配信をしてるんですね。
1話終了後の見逃し配信はたしか無かったはず。
とりあえず、3話をとりあえず視聴したのですが、なかなか面白かったので、今後ベスト3に入ってくるかもしれません。
ディーン・フジオカは色々と言われてますが、このドラマには合ってると思います。



「崖っぷちホテル」は内容はあまり良くないですが(失礼)、浜辺美波の演技を観るためだけに視聴してます(笑)。
10代でこの演技はちょっと驚き。
ルックスもいいので、今後が楽しみです。



春ドラマ終了時にも、また感想を書いてみたいと思います。



書く気が残っていたら、ですが。

« 2018年4月 | トップページ | 2018年10月 »

カテゴリー

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31