無料ブログはココログ

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月25日 (日)

岩田陽子さんの「シャーマンとのセッション」 ②

岩田陽子さんの「シャーマンとのセッション」、早速書き起こしていきたいと思います。



最初に岩田さんは「セレモニー」と呼んでらっしゃいましたが、儀式のようなものがありまして、その中で、「守秘義務はきっちり守るので心配なさらないで下さい」「お話ししたいことがあったら、我慢せず何でもおっしゃってください」といったことを話されます。



では、以下書き起こし



岩田さん
「どうぞ、話していただきたいことがあれば何でも」


ペンギン
「話が最初雑談ぽくなっちゃうんですけど」


「いいです、いいです、私の方は全然かまわなくて、お話したいことをどうぞ」


「あのー、これメールで以前送ったかもしれないですけど、前回(1年8か月前)のセッションの時に、書いてて体調が悪くなったって話をしたと思うんですけど、その時岩田さんの方からネットにアップしないで書いていけばいいんじゃないかって」



「うんうん」




「ネットにアップして書いてたんですけど、そういう話をいただいて、それからセッションからしばらくしてからなんですけど、じゃあ今日からネットにアップしないで書いていこうと思って(パソコンを)開いたら、パソコンがいきなり壊れてた」



「(笑)」



「っていうことがありまして。すごい古いパソコンではあるんですけど、前の日普通に使えていまして、(朝)開いた時にはパワースイッチを入れても、ブチッと切れるような、何回押してもですね、で、朝そのまま閉じて、これはちょっとまずいなと思って、夜開いたら今度はガーッて音がして、閉じてもずっと音がしてる状態で。
で、あ、本当に壊れちゃったんだなと思って」



「(笑)」



「さすがに霊症っていうんですか、(今は)書くなって言われてるんだと思って」



「ああー」



「で、書かないって決めたんですよね、しばらくはそのことに関しては書かないって決めて。
次の日、まあ壊れてるんだろうと思ってパソコンを開いたら普通に直ってたんですよ」



「うんうんうんうん」



「まあ、それだけなんですけど(笑)」



「上の方が(笑)、ペンギンさんとお呼びしてよろしいですか?」




「はい」



「ペンギンさんが笑ってる時に上の方も笑ってらして。
ちょっと何かいたずらをしかけたようなことをおっしゃってましたね」




「(笑)」






次回に続く




パソコンが壊れた件については



2016年8月4日のブログ記事 これは霊症なのか?⑤ パソコンが壊れる



直った件については翌日の記事 これは霊症なのか?⑥ パソコンがなおる に書いてます。



この件については2016年9月に新堂先生にも尋ねていまして(こちら)、その際に新堂先生が何とおっしゃったかというと、



「どっちかっていうと、その人がちょっと悪戯してるのかなっていう感じが若干あるので」



岩田さんとまったく同じことをおっしゃっていたことも驚くんですが、やっぱり悪戯をしたということなんですね。



そして、これもお二人が同じようにおっしゃっていたことですが、



「正しく書いて欲しい」




と書かれる側は思っているとのことです。



ということで、この作品に関してはいつかあらためて書いていくことになるんだろうと思います。



いやー、不思議なことが身の回りで起こってるんだなー。



本人はそういう霊感は無いのに。

2018年3月24日 (土)

岩田陽子さんの「シャーマンとのセッション」 ①

元旦のブログ記事に、今年前半、鑑定を受けてみたい占い師を数名書きましたが、先日、その中の1人、岩田陽子さんのセッションを3月19日古河で受けてきました。



占い?自体も今年初めてです。


岩田さんとのセッションは今回が3回目、前回が2016年の7月6日でしたので、お会いするのは1年8か月ぶり。



だいたい2年おきぐらいにお会いしてますが、いろいろ確認するのにこのぐらいが丁度いいかなと思ってます。



ところで岩田さんですが、2017年1月のブログにてシャーマン宣言をなさってたんですね。



以前お会いした時の岩田さんは、霊感とかそういったものよりは、まだまだビジネス的なもの?に未練があるというか、こだわっているというか、そんな印象でしたが、シャーマンという言葉はそれとは相容れない、対極に位置する言葉なので、本当にそちらの方向に振り切ってしまったんだなと実感。



ちょっと驚きでした。



そしてブログの内容もけっこう強気(料金値上げとか)といいますか、ストレートに思ったことを書かれている印象です。



この辺のことをセッション前に聞いてみましたが、自分で考えているというよりは、降りてきたものを自動書記のように書いているだけとのことです。



さて、そのシャーマンとの対面セッションですが、以前はコーチング要素も含んでいたのですが、コーチング要素はセッションからスパッと切ってしまったようです。



なので、以前のスタイルと比べてとてもシンプルになりました。



個人的に以前のスタイルはそれはそれで良かったのですけどね。



さて当日、古河駅で待ち合わせをし、セッションの場所をいくつか岩田さんに提案されましたが、こちらは近くのデニーズを希望しました。



個人的にカフェは他の人との距離が近いのであまり好きではないんですよね。



あと、野外(公園?)という案もありましたが、花粉症が酷いので、これはちょっと無理です。



ということで、岩田さんの車でデニーズに移動してセッションを行うことになりました。



岩田さんとの最初の出会いって占う側と占われる側という関係ではなく(お互いに悩んでる真っ最中)、初めてセッションを受けて以降も、鑑定のスタイルが変化していったりして(初めてのセッションではストレングスファインダーなんかを使われてました)、ペンギンにとってもこれまでにないケースです。



そんな岩田さんは、霊能者として生きていくという覚悟を決められたためか、鑑定中も自信に満ちあふれていました。

次回に続く

2018年3月10日 (土)

知り合いが自己啓発らしきものにはまってヤバイ事態っぽい ②

前回の続き。


成功者という言葉にヤバさを感じたペンギン、すぐさまWにこう言った。


「おまえなあ、成功者の集まりとか本当にヤバいぞ。
成功者(成幸者も同じかもっとヤバイ)、引き寄せ、メンター、メンタルブロックとか言ってるヤツはたいてい詐欺だからな。
ここに来た人たちはみんな成功してるとか言ってなかったか?
絶対ウソだから。

自己啓発とか成功法則って、結局洗脳、危ない新興宗教と同じようなもんなんだよ」
(経験者は語る)


ペンギンがそう言うと、Wの顔が強張った。


おそらく、ペンギンが発したキーワードのどれかに反応したのだと思う。



Wはすぐさま反論してきた。



「だったらどうなれば成功だっていうんだ?
課長になればいいのか?社長か?年収1千万か?
こんなところに引きこもっているくせに」




畳み掛けるWの言葉にこちらもすぐには切り返せない。すると、



「おまえは絶対に成功できねえな」




Wは吐き捨てるようにそう言って、出て行った。



いや、Wにそんなこと言われても別に傷つかないですけどね。



Wは話している間中ずっと、上から見下すような感じでした。



世間のほとんどの人間、特に真面目に働いてる人間はみんな馬鹿、そんな感覚で話してたんでしょうね。



でも、笑えないんですよ。



かつてのペンギンもあんな感じだったかもしれないしね。



ただ、Wの場合はお金のブロックというかリミッターというか、それが外れてる(外されてる)感じに見えました。



なので、際限なくお金を貢ぎそうな雰囲気なのが怖いです。



まあ、自己責任ではあるんですが。



あと、この手のマインドコントロールってなかなか抜けないんですよ。



今回のケースでは、けっこうお金をつぎ込んでるようなので、なおさらそうだと思います。

2018年3月 9日 (金)

知り合いが自己啓発らしきものにはまってヤバイ事態っぽい ①

数日前のこと、ペンギンの仕事場に知り合いの一人(同級生)がたずねてきました。


名前をとりあえずWとしておきます。


Wが言うには、ある人物からFX商材を購入し、いきなり初日で40万!の損失を出したとのこと。



40万ってとんでもない金額だと思いますが、本人はさほど落ち込んでいる様子でもない。


なんでも、心配になって購入先の人物に問い合わせたところ、その人物が言うには、「めったに起きないようなことが起こっただけで、そのうち取り戻せる」と言われたとか。


ペンギンはFX関連詳しく無いのですが、それでもヤバげな感じがしますね。



そのままWと話をしていくと、どうもペンギンがかつてはまっていた自己啓発を彷彿させるんですよね。


WはFX商材を売った人間をかなり信じていて、まるで崇拝しているかのよう。



「いやー、東京に行ってそういう人たちの集まりに参加してきたら、世界観ががらっと変わったよ。
こんな凄い人たちが居るなんて知らなかったわ」




そんなことを言うWは、かつての(間抜けな)自分(ペンギン)を見ているかのようでした。



ここでペンギン、Wに聞いてみました。




「それって、もしかして成功者の集まりとかか?」




するとWは、



「そうだよ」




得意げな口調でそう答える。




おいおいおいおいおいおい、完全に騙されてるだろ。





パソコンの調子が悪いので、続きは次回

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

カテゴリー

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31