無料ブログはココログ

« タロットで一体どこまで観れるのか? 占い師巡り 織雅先生篇⑨ | トップページ | タロットで一体どこまで観れるのか? 占い師巡り 織雅先生篇⑪ »

2014年9月 7日 (日)

タロットで一体どこまで観れるのか? 占い師巡り 織雅先生篇⑩



この国に生まれたことに感謝!

この国に生きていることに感謝!

このブログを訪れてくださったことに感謝!



織雅先生篇の続き

最初の鑑定(2011年10月)の時のこと。
一番聞きたかった仕事で大きなお金が絡む問題や気になっていた異性のことを聞き終わり、あとは色々と用意していた質問をしていったのだけど、さすがに終了間際には占ってもらうことがなくなった。

そして、もう鑑定終了という時、ペンギン、ある質問を思いつく。

ペンギン
「じゃ、1つ、もう1つ(質問)いいですか?」


織雅先生
「あ、いいですよ」

「というか、まったく個人的な話じゃなくて、あの、今の政治って占ってもらうことできますか?」

「政治、今後の政治ですかね?日本の?世界的な?」

「まあ日本のでいいですけど、まあ近々一年以内ぐらい」

「どういう動きですとかねー」

「そうですね」

「世の中の」

タロットシャッフル&展開中

「ちょっとねー、不安要素が多いですからねー」

「自分のことじゃないのに申し訳ないです」

「いえいえ、とんでもないです」

「ちょっと、すごく気になるものですから」

「世の中ねー、影響受けますからねー」

シャッフル終了

「政局自体どうなっていくかなんですけど、ただ、あの、あんまりこう、いい方向という感じではないんですよ。
ただやっぱりこう、国民の気持ちと政府の温度差がけっこうある感じで、結局何でしょうね、そういった政治の方が身を引き締めて頑張ってくれるっていうよりも、やっぱり結局こう、ぬるま湯に浸かっちゃう感じなんですね」

「ああー、はいはい」

「だからねー、今度総理大臣代わって(菅→野田)しっかりやってくれるかと思いきや、あんまりこう歴代の人と変わんない感じなのでー」

「あー、はい、そうですか(笑)」

「基本こう、まあ、自分たちで頑張んないとダメなのよねっていうようなところで、まあ国民の方が冷めた気持ちになっちゃうというかー、結局こう、役人だなーというところでは、あまり期待は出来ないですね。
ただ酷くなるっていうわけではないですが」

「かなり酷くなるっていうわけではないんですか」

「極端に酷くなるわけではないですね」

「ああ、はい」

「だけども現状からは結局こう変わらないというか、そんなに先行き明るいというよりも、しょうがないなあっていうところですね」

「かなり先行き酷くなるのかな、とも思ったんですけど」

「そこまで酷くなるほどではないですね」

「あ、そうですか、ああ、ま、そんなもんですかね」

「だから、この程度だなーとか、しょせん、こう、どうせ、ねー、役人だなーみたいな。
ちょっと諦めモードですね」

「わかりました、はい。
帰って振り返ってみます。
ありがとうございました」


「だからもう年金も期待できないなあ、自分たちで食ってくしかないなあって感じですので」

「ああ、そうですね」



こういう質問って、当たり外れがはっきり分かるから、けっこういいかもね、と書いてて思った。
他の占い師さんにもしてみようかな?
もしかして占い師の力量がわかる?

織雅先生に最初に鑑定していただいた2011年10月というのは悪夢の民主党政権まっただ中、ちょうど、北朝鮮拉致関連団体と繋がっているというどう考えてもあり得ない菅直人氏から野田佳彦氏へと代わってすぐの頃である。

ところで、原発事故って菅総理(当時)がきちんと対応してれば状況はまったく違ってると思うんだけど、なぜ追及されんのかね。

ペンギンは総理が野田氏に代わって一安心(海江田とか前原に比べれば~)。


ネットでも同様の声が多かった。

なので、織雅先生の鑑定を聞いても、首相が代わって少しはマシになるんじゃないのー、との考えは変わらなかった。


ところが・・・・・・、

この野田佳彦という男もとんだ食わせ物だったのである。

Σ( ̄ロ ̄lll)

良さそうな印象を持てたのは最初だけで、すぐに売国しまくり。

ある意味、鳩山、菅両氏よりもしぶとい分、やっかいだった。

後に自民党が政権をとってみると、民主党政権時に官邸内に犯罪者やら外国人スパイやらが大量に出入りしていたのがわかり、関係者が唖然としたそうな。

ということは、織雅先生の鑑定が当たってたっていうことかな。

2012年6月にも政治のこと聞いてみればよかった。

「民主党政権はいつまで続きますか?」とか。

会話中、ペンギンが今以上に酷くなるのを心配していたのは、民主党政権が当時推し進めていた外国人参政権、人権侵害救済法案という最悪法が施行される可能性があったから。

これらが通っていたら、日本は取り返しがつかないことになっていたと思う。

これも、「極端に酷くなることはない」と織雅先生がおっしゃってたので、当たってたといえるかと思う。

さて、ネットなどで事情を知っている人々を恐怖のどん底に陥れてくれた民主党、
ペンギンはネットで拾ったこの言葉を送る。



生き残りたいやつはさっさと離党しろ~~\(^o^)/
生き残れる保証は全くないがな~~\(^o^)/



生き残りたいやつはさっさと離党しろ~~\(^o^)/
生き残れる保証は全くないがな~~\(^o^)/



生き残りたいやつはさっさと離党しろ~~\(^o^)/
生き残れる保証は全くないがな~~\(^o^)/



生き残りたいやつはさっさと離党しろ~~\(^o^)/
生き残れる保証は全くないがな~~\(^o^)/



生き残りたいやつはさっさと離党しろ~~\(^o^)/
生き残れる保証は全くないがな~~\(^o^)/




あのね、いいかげんにしなさい(西田昌司先生風に)

政治の話だけに・・・・・・



よかったら押してくださいね~

人気ブログランキングへ

« タロットで一体どこまで観れるのか? 占い師巡り 織雅先生篇⑨ | トップページ | タロットで一体どこまで観れるのか? 占い師巡り 織雅先生篇⑪ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

占い師巡り 織雅先生篇」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« タロットで一体どこまで観れるのか? 占い師巡り 織雅先生篇⑨ | トップページ | タロットで一体どこまで観れるのか? 占い師巡り 織雅先生篇⑪ »

カテゴリー

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31