無料ブログはココログ

« 悪夢 | トップページ | 「麗しき悪魔の口づけは」④ »

2013年6月 9日 (日)

悪夢の続き

昨日、ひどい夢を一晩でいくつも見たと書いたけど、その時書いたメモが出てきた。

夢って不思議なもので、けっこう衝撃的なものでも、ちょっと時間が経つと忘れてしまうんだよね。

というわけで、以下、青線部分がメモをそのまま書いたもの。
夢なので、話に整合性は無いよ。


・TVでタレントが「私、和歌山出身ですけど、こんな怖い話初めて聞きました」

ペンギンがテレビを見ているというシチュエーションだと思うけど、この『怖い話』というのがどういう話なのか憶えていない。
これから書く話のどれかかもしれない。
あとは、この和歌山出身のタレントが誰なのかも分からない。男なのか女なのかも憶えていない。
ペンギンは和歌山に行ったこともなければ、和歌山出身の知り合いがいるわけでもない。

ただ一つ、もしかしたら関連性があるかもしれないと思ったのが、昨日和歌山を震源とする比較的大きな地震があったこと。
夢を見たのはこれが起きる前だから、これが原因だとすれば予知夢ということになる。
人が眠って夢見てる時って、意識がどっかおかしな所につながったりするらしいから、これはあるかもしれない。


・病院の病室の白い仕切り(ベッドとベッドの間の)の上から不気味な目の人形が(ベッドに寝ている)子供をにらんでいる。
そこへトイストーリーに出てくるような人形が上からキック。
親(?)が「私が間違っていた・・・
」と


夢なんで支離滅裂(笑)。
でも、この絵は怖い。
「不気味な目」というのは「不気味に光る目」だったかもしれない
このキックした人形の股関節がグニャグニャだったのはかすかに憶えてる。
親が謝っている理由は分からない(不気味な目の人形を子供に与えたこと?キックした人形を邪険に扱ったこと?)。


・平安時代
元貴族が山中で暮らしていて、骨と皮だけになり、髪と髭がものすごい長さになっている。


この夢の続きが何かあったと思うけど、書いた時にはすでに忘れていたようだ。


・自分が勉強をしている夢
1,2年の復習をする参考書


多分大学受験を控えてだと思うけど、こんなに勉強しなくちゃならないのか~と途方に暮れていた夢
こええ~

さらに極めつけ

・他の受験生のもとに先生から夜11時過ぎに電話がかかってきて「私の家に来なさい、勉強を教えてあげるから」

夜中の11時過ぎにこんな電話かけてくる先生いるかー?
自分に電話が来たらどうすりゃいいんだー
こええ~

とペンギンは寝ぼけたまま思ったのであった。

この後に昨日書いた嫌な奴が延々と出てきたんだな(夢に)。

これじゃ疲れもとれないかもしれない。 (;´Д⊂


そういえば、ペンギンはある占い師に鑑定していただいた時に、
「最近、怖い夢ばかり見るんですけど」
と聞いてみたことがある。
その占い師は

「ペンギンさんの魂が寝ている間、過去に戻ってるかんじなんですよね~」

とおっしゃっていた。
『過去世』だったかな?いや、『過去』だったと思う。

それほど気にすることはないとのことだった。(o^-^o)

悪夢が何回か続くと、本当に夜寝るのが怖くなる。

そんな映画もあったような・・・・・・。

ま、でもペンギンの夢には芸能人もバンバン出てくるんだよね~。

今夜あたり誰かペンギンの夢に出てくれないかな~。

よかったら押して下さいね

人気ブログランキングへ

« 悪夢 | トップページ | 「麗しき悪魔の口づけは」④ »

ペンギンが見た変わった夢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悪夢の続き:

« 悪夢 | トップページ | 「麗しき悪魔の口づけは」④ »

カテゴリー

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31